季節の和菓子のお取り寄せ・贈答には「双松庵唯七」の通信販売。南信州から信州素材の高級和菓子をお届けいたします。

   

お電話受付 AM 8:15 〜 PM 5:15 土・日・祝日休み

 
和菓子の双松庵唯七



こんにちは、皆様



8月も半ばを過ぎましたね。皆様、お盆休みはいかがだったでしょうか?

自宅でのんびり、ふるさとへの帰省、旅行など、楽しい時間を過ごし、

心身ともにリフレッシュできたかと思います。

来週からまた心機一転、頑張っていきましょう!



さて今回は、「猿庫の泉 寒水 」のご案内です。

寒水


名水百選「猿庫の泉」の美味しさそのままに、

透き通った美しい柔らかなジェルに仕立てました。



あっさりと炊き上げた「北海道産大納言小豆」をのせ、

信州産「竜峡小梅」を蜂蜜にじっくりと漬け込んで作った

梅みつをかけてお召し上がりください。



猿庫の泉」の湧水のまろやかな口あたりと、上品な甘さの大納言小豆、

梅みつの優しい酸味のハーモニーが絶妙な、見た目にも涼しい唯七特製の涼菓です。





猿庫の泉 寒水  【販売期間:4月〜8月】


4個入  2,325円(税込) ・・・詳細>>>

6個入  3,456円(税込) ・・・詳細>>>

8個入  4,557円(税込) ・・・詳細>>>


-----------------------------------------------------------------------



記念日


本日8月18日は「米の日」。


お米を作るには88の手間がかかると言われていること、

「米」という漢字を分解すると「八」と「十」と「八」と分かれることに由来します。


お米は、日本人にはかかせない主食ですが、近年、食の欧米化が進み、

パンやパスタなどの主食に人気が集まり、若者の米離れが深刻化しています。

これを食い止め、「米の消費を拡大すること」と

「若者の米離れを防ぐ」ことを目的に制定されました。



お米は、大きく分けると、普段ご飯として食べている「うるち米」と

お餅やお赤飯・おこわに用いられる「もち米」に分かれます。

「うるち米」と「もち米」はデンプンの成分に違いがあり、

粘り気の強いアミロペクチンが多く含まれている「もち米」は、

「うるち米」に比べて粘り気、弾力の強いもちもちとした食感になるのです。



さて、双松庵唯七のある長野県飯田市が位置する伊那谷地域には、

古くから「白毛米」というもち米が伝わっています。

穂先に白い毛があることから、大昔より「白毛もち」と呼ばれ親しまれてきました。

品種改良されていない古代米で、

もち本来の香り・甘み・うまみが感じられる品種ですが、

栽培に手間がかかる上、収穫量も少ない「白毛米」を

栽培する農家は次第に少なくなり、絶滅寸前に。

しかし、「白毛米の美味しさを絶やしてはならない」と

農家たちが協力し合ったことで、見事復活を果たし、

今では18軒の農家で栽培され、全国の消費者に提供されるようになりました。



双松庵唯七では、この稀少な「白毛米」を使用した商品を販売しております。

もちもち食感を楽しめる餅菓子をはじめ、さっくり香ばしい最中種、

お赤飯やおこわ・・・ 

どれも「白毛米」の美味しさを堪能していただける自慢の逸品ばかり!

この機会にぜひ一度ご賞味くださいませ。




お赤飯  白毛米と北海道十勝産小豆で炊いた、素材にこだわったお赤飯。

     地元駒ヶ根産の黒ゴマと伊豆大島産の自然海塩を使用したゴマ塩つき。


草庵   白毛米を使用した香ばしい最中種に、

     上品な甘さの丹波大納言小豆餡がたっぷり詰まった特製最中。


結い餅(醤油)  白毛米の粒感を残した生地に、こし餡を包んだ焼き大福。

        地元松岡屋醸造場の二年仕込み醤油を加えることで

        深みのある味わいに仕上げました。







特集ライン


【和菓子の双松庵唯七☆お奨めページ】

・和菓子の双松庵唯七の「トップページ」はこちらから

・和菓子の双松庵唯七の現在販売している「全商品の一覧」

・涼を誘う「夏の和菓子特集

・旬の愉しみ「季節の上生菓子特集

・唯七のどら焼き「双松の月・なまどらやき特集

・信州産の栗を使用した「栗の和菓子特集

・地理的表示保護制度(GI)登録!「市田柿の和菓子特集

・唯七公式ブログ「唯七だより」は、ただいま情報発信中・・・




双松庵唯七 株式会社戸田屋 直販事業部のライン

「唯七 2018年ふれあい通信-第18-31号」をお読みいただきありがとうございました。

双松庵唯七では、和菓子の数々を取り揃えスタッフ一同お待ちしております。

楽しいご意見やご感想をお待ちしています。

mail:info@tadashichi.com

このメールは、双松庵唯七インターネット店でお買い物をしていただいた皆様にお送りしています。

●メール配信の登録/停止/アドレスの変更は、こちらのページから》お願いします。


双松庵唯七 株式会社戸田屋 直販事業部
CopyRight(c)2006SousyouanTadashichi,AllRightsReserved,長野県飯田市松尾上溝2945-12 TEL0120-588-180