季節の和菓子のお取り寄せ・贈答には「双松庵唯七」の通信販売。南信州から信州素材の高級和菓子をお届けいたします。

   

お電話受付 AM 8:15 〜 PM 5:15 土・日・祝日休み

 
お知らせ

2018/07/13
【商品】ひんやり!「手造りアイス」のご案内です。




日頃は双松庵唯七をご愛顧いただき誠にありがとうございます。



今回は、「手造りアイス」のご案内です。

手造りアイス


地元信州市田酪農産の新鮮な牛乳と信州産和素材を使用した

ちょっぴり大人な味わいのカップアイス。

卵を使わず生クリームと砂糖で仕上げたアイスは、

あっさりとした口残りで、和素材の味わいを存分に引き立てます。




【信州そばアイス】

自社農園及び信州産のそば粉を使用。蕎麦をパフにして練り込むことで、

カリッとした食感と本格的な蕎麦の風味をお楽しみいただける

甘さ控えめのアイスに仕上げました。


【市田柿アイス】

南信州特産「市田柿」のペーストを練り込んだアイスに、

肉厚でジューシーな市田柿の果肉を刻んで加えました。

市田柿本来の自然な甘みを堪能していただけます。


【栗きんとんアイス】

特製アイスに、唯七自慢の栗きんとんと、

粒々とした食感の栗粒をたっぷり練り込みました。

栗の豊かな風味と優しい甘さが味わえる栗三昧のアイスです。




ますます暑くなるこれからの季節、おやつの時間や食後のデザートに、

ひんやり美味しい「手造りアイス」はいかがでしょうか?



手造りアイス 6個入 【販売期間:4月〜8月】 2,700円(税込)

(信州そばアイス・市田柿アイス・栗きんとんアイス各2個)





-----------------------------------------------------------------------

記念日


本日7月14日は「ゼリーの日」。


ゼリーの美味しさ、手作りする楽しさを

より多くの人に知ってもらうことを目的に、

2004年に制定された記念日です。

ゼリー作りに用いられるゼラチンが、

フランス料理や菓子でよく使われることから

フランスを代表する記念日「フランス革命記念日」と同じ

7月14日が選ばれました。



お菓子としてのゼリーが登場したのは、18世紀末から19世紀初頭で、

フランスで活躍した著名な料理人・製菓職人の

アントン・カレームが発案者だと言われています。

当時のゼリーにはゼラチンが用いられていましたが、

冷蔵技術が未発達だったため、

現在私たちが食べているゼリーよりも

水分量が少なく固めの食感だったようです。

現在では、ゼリーを作る際、動物性のゼラチン以外にも、

植物性のペクチン・寒天・カラギーナンなどを用いるようになり、

いろいろな種類・食感のゼリーが楽しめるようになりました。



双松庵唯七でも、春夏限定のゼリー「信濃涼果」をご用意しております。

豊かな自然の恵みをたっぷりと受けて育った果物を使用したゼリーは、

「竜峡小梅」「天龍村柚子」「紅玉りんご」「ブルーベリー」の四種類。

北海道十勝産小豆の特製餡ソースをかけてお召し上がりください。

暑い季節には冷蔵庫でよく冷やしてから食べるのがおすすめです。



つるんっとしたのど越しで見た目も涼しげなゼリーは、

比較的日持ちも長く、幅広い年齢層に人気があり、

御中元や夏の手土産にもぴったり!この機会にぜひご用命くださいませ。



閲覧数:381

次へ リストを見る