季節の和菓子のお取り寄せ・贈答には「双松庵唯七」の通信販売。南信州から信州素材の高級和菓子をお届けいたします。

   

お電話受付 AM 8:15 〜 PM 5:15 土・日・祝日休み

 
お知らせ

2018/09/21
【商品】ほっこり優しい味わい「金時つつみ」のご案内です。




日頃は双松庵唯七をご愛顧いただき誠にありがとうございます。


今回は、「金時つつみ」のご案内です。

金時つつみ


糖度が高く、ほくほくとした食感の鳴門金時芋を使用したなめらかな特製芋餡を

北海道産小豆のこし餡で包み、一つ一つ丁寧に茶巾で絞った「金時つつみ」。

素材を生かした優しい甘みの芋餡とこし餡の相性は抜群です。

表面を火にかざし、焦げ目をつけることで香ばしさを加え、

より奥深い味わいに仕上げました。




金時つつみ  【通年販売】

4個入  1,358円(税込) ・・・詳細>>>

8個入  2,407円(税込) ・・・詳細>>>

12個入  3,405円(税込) ・・・詳細>>>



-----------------------------------------------------------------------



記念日


本日9月24日は「伝統文化継承の日」。


この記念日は、南アフリカ共和国の祝日で、

諸文化遺産を思い出しつつ、

文化・信念の多様性を祝うことを目的に制定されました。

9月24日には南アフリカ共和国の各地で様々なイベントが開催されるそうです。


世界中の国や民族には、それぞれ独自の文化・慣習があり、

その様々な文化・慣習は古くから大切に受け継がれています。

私たち日本人も、「伝統文化継承の日」を祝う姿勢を見習い、

日本のすばらしい伝統文化や精神を次の世代へと繋いでいきたいですね。


さて、双松庵唯七のある長野県飯田市には、

数百年の歴史を持つ人形浄瑠璃「今田人形芝居」と「黒田人形芝居」があり、

「早稲田人形芝居(下伊那郡阿南町)」と合わせて

伊那谷地域の人形芝居として、

国の選択無形民俗文化財に指定されています。


江戸・明治期の倹約令や鑑札制度による厳しい取締、

戦争等による幾たびの存亡の危機を脱却した飯田市の人形浄瑠璃ですが、

地元の保存会の努力により、現在に伝承されているのです。



また、飯田市は「人形劇のまち」としても知られ、毎年8月上旬には

日本最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」が開催されています。

国内外で活躍するプロの劇団、アマチュア・学生劇団によって、

現代人形劇から伝統的な「人形芝居」まで様々なスタイルの人形劇が、

市内を中心に約120ヶ所で公演されます。

もちろん、飯田市に伝わる伝統的な人形浄瑠璃を観覧することもできますよ!

来年の8月にはぜひ飯田市に遊びに来てみてくださいね!

閲覧数:85

次へ リストを見る